ネガティブシンキングについて

この記事は2分で読めます


こんにちは、なーとんです。  

昨日は、仕草で人のこころを読む方法をお伝えしました。

内容は僕の後輩君がついた「 」にスポットを当ててお話しました。

 

 

 

仕草がわかると、人間関係にも多いに役立ちます。

それは、

恋愛で言えば、

気になる異性が自分のことをどう思っているのか、

いま、何を考えているのか、

あなたに興味があるのか、それともないのか、

仕事でいえば、

後輩の育成指導を円滑にできたり、

取引現場で自分の無意識にやってる仕草を意識的にコントロールして、

相手との会話で優位性を示せたり、

 

仕草から得られるポジティブな面は様々です。

 

前にこのブログで紹介した、

こちらの記事です

 

ではネガティブな面を見ていきましょう。

ガールズバーでの心理状況の考察の続き。

 

 

同じガールズバーにいた、

「中年サラリーマン」

についてお話しますね。

そのサラリーマンは、スーツ姿のまま、1人で居ました。

 

見るからに背中が寂しい、そう訴えかけられているような、

どこか悲しいおももちだったのですね。

その男性とは、席が離れていたため、

女の子との会話は聞けませんでしたが、

僕がちらちらその男性を見ていると、

よくため息をつくんです。

今日の辛い仕事がようやく終わり、

次の日はせっかく休みだし、

ガールズバーにでも行って楽しんでから帰るか!!!

 

と思っていたのか、それとも、

 

愚痴のはけ口としてガールズバーに行ったのかはわかりません。

おそらくは後者でしょうが。

その男性は何度かカラオケを歌うのです。

しかし、女の子が盛り上げられるような曲でもなく、

お酒も入っている為になかなかうまいこと声が出せません。

2曲連続で洋楽を歌っていたのですが、

どちらも悲しい曲ばかり、、、

 

 

よほどのストレスが溜まっていたのでしょう。

ガールズバーからの出る際に、

まじまじとその男性の顔、姿勢、歩き方を見たのですが、

視線が地面を見ていました。

表情は、まるでガールズバーで楽しんで帰るような感じではなく、

むしろ、不満足な表情でした。

そこから推察するに、

会社では窓際族で、

自分の思ったことを表現できず、

上司に思うがまま仕事の命令をされ、

自分の本心とは裏腹の社会人生活を送っている、

「社畜」なんだと思いますね。

 

僕も社畜を経験したからわかるんですけど、

会社での理不尽な業務命令とか、

 

ほんとにいっぱいあるんですね。

 

今日中に絶対できそうにない仕事とか、

上司は割り振ってきます。

「いや、今日は無理っしょ、、、

あほちゃいますか?」

 

と、思っても社畜は上司に意見ができません。

僕がまさにそうでした。

意見なんてしたら取り返しのつかないことになるんではないのか、、、

 

でも、実は、

 

 

取り返しのつかないことにはなりません。

というのも、

「自分がどう考えるか」

が全てだからです。

上司に、

「いや、今日は難しいです」

と、きっぱり伝えるのと、

「はい、わかりました」

と、無理なのに仕事を引き受けること。

 

両者は考え方が違うだけで、

「自分がどう考えるのか」

は一緒なのです。

相手に意見が言えない人は、

その相手の影に隠れて、
家族や友人などに愚痴を言いまくります。

愚痴を言わないと自分がちっぽけだと再認識してしまうからです。

愚痴は何も生みません。

むしろマイナスですらあるでしょう。

自分が話す言葉は、

一番最初に「 自分の耳 」に伝わり、

潜在意識に勝手に刷り込まれます。

ゆえに、
ネガティブな人はネガティブなことしか考えず、

セルフイメージを下げる言葉しか発せず、

生きているのです。

 

最後になりますが、

何が言いたかったのかと言いますと、

ガールズバーに居た、

社畜男性の様にはならないでほしいのです。

悲しく、楽しい場ですら楽しめない、

不機嫌そうに店を出て行く、

はっきり言ってこんな人生楽しくありません。

常にポジティブにいろ!

とか、そんなことは言いませんし、

僕自身、ネガティブな思考で支配されることも

いっぱいありますからね。

でも、

「常に自分が考えている思考は正しいのか」

この考えは持ってほしいのです。

今日はこんな感じで失礼しますね。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

なーとんの自己紹介

初めまして、なーとんと申します。
社畜として働いていた前職では、 旅行関係の仕事をし、
日々お客さんや上司に怒られながら、知らず知らずの間に20歳で店長となりました。
しかし、 仕事でも人間関係でも、
全く充実しない毎日に嫌気が差していたとき、
自分を劇的に変えるきっかけとなる、
心理学と出会いました。
いまでは社畜を卒業し、風の流れに沿って毎日を楽しく生きています。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!

2002年1月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連カテゴリー記事