ブログ理念

この記事は4分で読めます


こんにちは、なーとんです。

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

当ブログに対する僕の考えをお話させてください。
僕は高校を卒業したと同時に、
地元の北海道の会社に就職しました。

就職し4年経過した時点で、

他にチャレンジしたいと強く思う目標が出来たため、
よし!退職するか!っと、
即断し、二ヶ月後には会社を辞めました。

そして現在は、北海道を離れ千葉に引越しました。

話が少し戻りますが、
4年間の会社勤めをした僕の頭の中で芽生えた感情は、

  1. 理不尽な事が多すぎる
  2. 社畜はまじでやばい
  3. 「会社勤めなんてやってらんねー!!!!」
  4. 後輩と付き合えたぜ!
  5. 残業のパレードで心身ともに砕ける

もっとあるのですが大枠だとこのくらいでしょうか笑
僕の詳細について見てみたい!と思っていただけたら、
プロフィールをご覧頂ければと思います。

僕は20歳にして、なばかり店長となるのですが、
業界の中では異例の店長抜擢に、
やる気をぎんぎんにみなぎらせ、
日々の仕事に励んでいました。

 

・・・

しかし、あっけなくやる気は奪われます。

  • 店長職の責任の重大さ
  • 僕より年上の人が後輩になる矛盾
  • 法律に関わる仕事を一人で抱え込む
  • 上司からの罵声に怒声
  • 怒れない性格

これも上げ出すとキリがないですね。笑

店長職としては実質、1年半勤め上げました。
(給料は全然増えませんでした笑)

先ほど書いたように、
僕は会社を辞める選択を取るのですが、
逆に不自然なほど、後悔は微塵もしていません。

なぜなら、
やめた会社で働いていたほうが、
不安でたまらなかっただろうし、
心身も壊れていたと思うからです。
詳しくはこちらに書いています

すこし考えてみてください。

嫌な会社で、
嫌な上司や同僚と、
好きでもない仕事をすることが、

果たして自分のためになるのか?と・・。

僕は、
「自分の人生って何の為にあるのかな」

と、社畜をしている自分を見て、
本気で考えたことが数え切れない程あります。

休日は仕事の疲れであほほど眠り、

寝すぎて1日を棒に振ることなど日常茶飯事でした。

廃人ですよ、ほんとに笑
でもきっと、世の中の大多数の大人は、こう言うでしょう。

「甘い、もっと大変な仕事をしている人なんて世の中にごまんといるぞ」

と。

ただ、僕からしたら、
世間の声など知ったことではありませんでした。

・仕事で残業したから友達と遊べない

・休日出勤で彼女とのデートもパー

・サービス残業が毎日のようにある

これが、いままでの僕の社会人生活でした。

仕事にとてもやりがいがあり、
自分の人生より仕事を優先し、
我慢してまで会社で働くことで、
将来的になりたい理想があるのなら、

僕の話は意味のあるものではないかもしれません。

しかし、
世の中のほとんどの人はそんなこと考えていませんよね。
仕事の収入よりも、
自分に使う余暇の時間を優先する人も増えているのです。

決して、お金が全てではありませんが、
たとえ会社内で偉くなったとしても、
一年間でもらえる給料が、2倍、3倍になんて上がらないのです。

もしあったとしても、一部の大企業で、
トップ成績をあげる営業マンくらいでしょう。

他の人より頑張って仕事をしていても、

上司の歪んだ評価基準で、
給料や賞与が他人より低くなることもあります。
(実際に僕が経験しました。)

何が言いたいのかと言いますと、
僕のように、今働いている会社を辞める!!!
という選択が全てではありません。

しかし、現状の日本の会社では、

上司からのパワハラや長時間労働で、
苦しみながら働いている人たちがいることは明白な事実です。

事実、僕もパワハラを受けたことがあります。

一部の大人は、
「長時間労働を美徳としている」
なんて意味の分からないことを言っています。

時間というのは、
人間に与えられた唯一の有限資産です。
働いてる間にも寿命を減らし、
更に残業で体も酷使するのが、
果たして美徳なんでしょうか?

・仕事に疲れた顔をして、家に帰っても寝るだけの生活

・自分の好きなことに時間をかけられない仕事量

・残業代すら出さない劣悪な会社もたくさんある

繰り返し言います。
果たして美徳なのでしょうか?

苦しむ人間関係

 

毎日の仕事で悩み、苦しむ人がいる。

僕もその内の一人でした。
そして、仕事のことで悩まない人はいないと思います。

では、仕事の悩みって、どんなことでしょう。

一概には言えませんが、例を挙げると、

・新入社員としての悩み
・後輩としての悩み
・先輩としての悩み
・上司としての悩み
・仕事量としての悩み
・所属先としての悩み
・休日日数の悩み
・残業の悩み

・・・などなど。
もっと分けられますよね。

ですが、本質を探ると、
「一番の悩み」は、
全て人間関係のなかで生まれています。

人間関係で悩んだことが無い人がいないように、
僕たち人間は、
「他人との関係」
で悩む時間が非常に多いのです。
(同じ職場の人や異性に対して、
そして家族、友達など)

この悩みの”コア(中心)部分”を解決するために 、
僕は以下のことを徹底的に考えまくりました。

「自分はどうなるべきなのか」

「他の人と円滑な人間関係を送るには
何が重要なのか」

と・・・。

人間関係で悩まなくなる方法より、
悩んでもその「悩み」を元に、
自分の感情をうまくコントロールし、
良い方向に消化(昇華)させ、
心理学を通じて人間関係を解決すればいいのかを、
これまで学んできました。
(もちろん、これからも学び続けることは辞めません)

そして、今後のあなたには、
「人間関係の中であなたの魅力を最大限に発揮し、

まるでふわふわしている空を飛ぶような心地のいい毎日を送れるように、

心理学を巧みに利用して彩り溢れる生活をしていただきたい」

と、大変おこがましいのですが、
これが僕の考えなのです。

日本の社会では、 人間関係が原因でうつになったり、
奴隷のような労働を強いられている人はたくさんいます。
社畜の僕もそうでした。

でも、安心してください。

人は変われるのです。

微々たる力かもしれませんが、
過去の僕が抱えていた思いを元に、

過去の僕のような苦しみながら働く人へ向け、
世間一般の既存の常識をぶっ壊してまでも、

僕が心理学で学んできたこと、
これから経験していくことをブログでお伝えさせてください。

最後になりますが、
絶対に覚えておいてほしいことがあります。

それは、
人間関係の悩みは無くなりません

なぜなら、人は人と関わることで、
良くも悪くも自分を評価し、認識しているからです。

単純な例ではありますが、

世界に、あなた一人しか生きていないとなると、
そもそも人間関係の悩みはどこから生まれますか?
人と比べることも全く無いのです。
あなたらしさ満点の生活ができますよね。

でも、そう考えると心が寂しくなりませんか?

繰り返しになりますが、
人間は、悩まないと生きていけないのです。
逆に言えば、
”人間関係の悩みから人生を好転させるようなチャンスが生まれる”
ということなのです。

悩みは無限のエネルギーを秘めています。
ならば、
そのエネルギーを自分のものにしないとなりません。

ただ、僕も人間関係の悩みがないのか!
と言われると、やはりたくさんあるのです。

でも、正しい知識と正しい行動を学べば、
人間関係の悩みの大半の部分は解決するのを知ったのです。

当ブログが少しでもあなたの為になれば、
僕は大変嬉しく思います。

これからもよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

なーとん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

なーとんの自己紹介

初めまして、なーとんと申します。
社畜として働いていた前職では、 旅行関係の仕事をし、
日々お客さんや上司に怒られながら、知らず知らずの間に20歳で店長となりました。
しかし、 仕事でも人間関係でも、
全く充実しない毎日に嫌気が差していたとき、
自分を劇的に変えるきっかけとなる、
心理学と出会いました。
いまでは社畜を卒業し、風の流れに沿って毎日を楽しく生きています。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!

2004年1月
    6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

関連カテゴリー記事

  1. 2017.06.22

    ブログ理念