【色彩心理学】信号機から学ぶ色と人の感情

この記事は3分で読めます


こんにちは、なーとんです。

 

今回も色彩心理学を取り上げていきます!

 

色が与えるイメージと感情は密接につながっている

 

 

 

 

 

 

 

いま現在、世界には数千万種類もの色が存在しているといわれています。

数千万種類と言っても、
色を変える、
「明度」と「彩度」
とのかねあいが大部分ではありますが。

では、ここで考えてみて欲しいのが、
そんなに色が存在しても使えないし、
意味ないんじゃないのか?

ではなくて、、、

自分の好きなを厳選して、
いつもリラックスし、心が落ち着くように、
効率的に自分の生活や他者との関係に取り入れてみる、
ということなのです。

それはなぜなのかと言われると、
色と感情は密接に繋がっているからです。

信号機をイメージする

 

僕が一番身近な色で連想するのは信号機です。

お話するまでもないかもしれませんが、
信号機の色は青、黄、赤で出来ています。

青色なら安全に渡れる!
黄色はもう少しで赤になるから早く渡る!
赤色は完全に渡るの禁止!

という、ざっくりとした信号の説明ですが、
これもお分かりですよね。
(この話に関係ないですけど、
赤信号みんなで渡れば怖くないって北野た○しさんが言ってましたね、
でも渡ったら危ないのでダメですよ!!)

ですから信号を見て、
渡れる、渡れないという判断をする感情と繋がっているんです。

逆に、僕たちの周りの色が感情と繋がっていないと、
信号で赤でも渡る人が続出して事故起きまくりになります。
とても恐ろしいことになりますね・・・。

色の表裏一体を知り、生活に活用していく

日中、太陽の輝く光があれば、夜の暗闇があるように
色にも色の効果としての表と裏が存在しています。

例を赤色青色で出します。

赤色だと
表(ポジティブ)な面では”愛情、歓喜、明るい”
と言われ、
裏(ネガティブ)な面では”嫉妬、怒り、怖い”

青色だと、
表(ポジティブ)な面では”クール、爽やか、信頼”
と言われ、
裏(ネガティブ)な面では”冷たい、孤独、憂鬱”

という効果を持ち合わせています。

たとえば、
あなたが遊んでいる友人が何かに怒っているとしましょう。
怒りの対象はあなた以外のことです。
怒りが激しいため友人の顔も真っ赤。

ここで僕からの質問です。

あなたは友人の怒りを抑えるための最適な場所として、
下の二択からどのような方法を取りますか?

1.ファーストフード店や居酒屋のような、
赤色が目に入りやすい場所で話を聞く。

2.海や浜辺のような、
青色が目に入りやすい場所で話を聞く。

 

 

・・・もうお分かりですね。

友人の怒りを抑えるのに最適な場所の答えは、
2が正解です。

怒っているときに赤色が目に付きやすい場所だと、
赤色の裏(ネガティブ)の面として、怒りを増幅させ
更に興奮してしまうかもしれません。

そこで、青色の表(ポジティブ)の面の爽やかさを感じられる
海や浜辺に友人を連れ出し、話を聞いてあげることで怒りが収まりやすくなる、
ということです。

青色の裏(ネガティブ)の面にある孤独、憂鬱、冷たいという効果は、
あなたが友人のそばに寄り添い、
しっかりと話を聞いてあげることでカバーできるでしょう。

赤色の多い場所で話を聞くより、
青色の多い場所のほうが心理効果的に落ち着きやすいのです。

このことは色彩心理学で証明されています。

上の画像はトーナス変化と言われていて、
色を見たときに、
ヒトの意識に関わらず肉体に影響を及ぼす値の表です。

赤色が筋肉を緊張させ、興奮しやすい状態で、
青色は筋肉もほぐれリラックスしやすい状態です。

最後に

色の重要性はお分かりいただけたでしょうか。
是非、あなたの生活で好きな色や落ち着く色を取り入れて下さい。

ちなみに僕は青色が好きで落ち着くので、
枕カバーや椅子を青色にしています。
(青色は世界的にも大人気な不動の色なのです)

また色彩心理学では、緑色もリラックス効果があり、
うつ病の人をセラピーするとき、
必ず緑の溢れる公園や森林を散歩するそうです。

緑のリラックス効果と適度な運動の散歩で、
うつ病治療に良い効果があるそうです。

ただ、僕は緑色は好きですが、
蚊を見ただけで鳥肌が立つほど虫が嫌いなので、
緑色の公園や森林の中を歩いてもリラックスは全然できませんし、
むしろ虫ばっかり居るのでストレスが溜まります。
(むしろ虫・・・ってダジャレですね!
冷房効きすぎってツッコミ入りそう・・・)

なので僕を例としても、
当然ながら個人の色に対する考え方は十人十色です。

あなたが落ち着く色を、
今日から生活に取り入れていきましょう!

ではでは!!

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

なーとんの自己紹介

初めまして、なーとんと申します。
社畜として働いていた前職では、 旅行関係の仕事をし、
日々お客さんや上司に怒られながら、知らず知らずの間に20歳で店長となりました。
しかし、 仕事でも人間関係でも、
全く充実しない毎日に嫌気が差していたとき、
自分を劇的に変えるきっかけとなる、
心理学と出会いました。
いまでは社畜を卒業し、風の流れに沿って毎日を楽しく生きています。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!

2003年1月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

関連カテゴリー記事