【2】ガールズバーから学ぶ人の心理状況

この記事は2分で読めます


こんにちは、なーとんです。  

昨日は、ガールズバーで学ぶ人の心理状況をお話しました。
怪しいところではないですからね笑)←一応誤解のないように、、笑  

 

ガールズバーに3人の女の子が居た1人目、

「Mさん」についてのお話でしたね。  

今日は、2人目に来てくれた女の子の、

Sさん」から学んだことを話しますね。  

Mさんとは、1時間程お話しまして、
その後別のお客さんから「指名」があったため、
Mさんが退席し、お別れとなりました。
(専門用語では、指名のことを”リク”と言うそうです。)  

僕が行ったガールズバーでは、
自分のところに付いてくれている女の子が、
他のお客さんから「指名」をもらうと、  
指名を頂いたお客さんの所に行かないといけないのです。

 

つまり、僕がMさんとだけ、会話をしたい!!! と、思ったら、

「指名料」を払わなければいけません。  
ですが、僕の目的は、

3人の女の子と会話をし、

会話の中での仕草や、

表情から人の心理状況を学ぶことなので、
どんなにお気に入りの女の子が居ても、

「リク」←(早速使ってみました。笑)

できませんしません。

話がかなり逸れましたので、戻します。

Mさんとの会話が終わり、
次に「Sさん」が来ました。

Sさんの第一印象としては、

・少々暗めな表情

・体型が細い!!!細すぎる。。。

・手をしきりに触る

全体的に、 少し落ち着きがないようでした。  

手をしきりに触る人の心情としては、
「自分に自信がない」
「何か大きなストレスを抱えている」 などの、

精神的にマイナスな感情が働いている場合が多いです。

不安な気持ちを和らげるために、 無意識的に手を触ってしまうのですね。

Sさんも何か不安やストレスがあるのではないかと思い、

僕はSさんに対して、

自分のことをほとんど話すことなく、
一方的に質問を投げかけました。

例えば、 「最近の楽しかったことは何?」
と、聞きます。

もちろん楽しい事があれば話すし、 無ければ話さないですよね。

ですが、Sさんの表情を観察するに、
この質問の最近の楽しかったことがあるのか、

という部分が、あるようには見えなかったんですね。

なぜなら、 Sさんの表情は、

・目線が少し下に向いている

・笑顔が作り笑い

・手をしきりに触る

などの表情や仕草が読み取れたからです。

ですから、僕は質問を変えました。

「最近ムカつく!!!って思った事教えて」 と。

直球的に悩みがあるのかどうかを聞くのは、
知り合ったばかりの関係では、
悩みを打ち明けられるほどの信頼関係が構築されていませんので、

なかなか相手に言いづらいでしょう。

しかし、 ムカつく!!!などの怒りの感情は、
意外に誰とでも話せたりするんですよね。

すると、Sさんは、 質問を変えた瞬間は、
神妙な表情でしたが、 少し時間が経つと、

口が開き、ムカついた出来ごとを話してくれました。

どうにも最近まで付き合っていた彼氏と別れたようです。

怒りと悲しみがSさんの中で織り交ざり、
本来笑顔でかわいらしいはずの顔に、
悲しみの表情として反映されていたのです。  

最後に

感情を読むのは、決して簡単ではありません。

ですが、ある程度ならばわかってしまうのです。

表情や仕草、雰囲気、声のトーン、 歩き方、姿勢、

見極める方法は様々ですが、

もちろん相手に気を使って会話しないといけません。

今回のSさんの様に、 表情が暗いだけではなく、
手をしきりに触るなどの行動は、

ストレスや不安を必死に落ち着かせようとしているのです。

ですから、会話する相手がそのような仕草を見せた際には、

相手の怒りに触れない程度の質問を投げかけ、
丁寧に会話をすることで、次第に心を開いてくれるようになります。

Sさんも会話の最後の方では、
とてもすっきりしたようで、

話せてよかった、と言ってくれました。
(Lineもゲットしました笑)

社会人では、生活していく中で、 様々な出会いがあるでしょう。

出会った人が、 表情が暗くても、

「この人は暗い人なのか、、、 関わりにくいな、、、」

と決めつけず、

最初はしっかりと会話をしてみましょう。
表情から会話を先読みする方法も次回以降のどこかで解説していきますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。  

なーとん。            


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

なーとんの自己紹介

初めまして、なーとんと申します。
社畜として働いていた前職では、 旅行関係の仕事をし、
日々お客さんや上司に怒られながら、知らず知らずの間に20歳で店長となりました。
しかし、 仕事でも人間関係でも、
全く充実しない毎日に嫌気が差していたとき、
自分を劇的に変えるきっかけとなる、
心理学と出会いました。
いまでは社畜を卒業し、風の流れに沿って毎日を楽しく生きています。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!

2002年1月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連カテゴリー記事