人間観察は電車の中でだれでも簡単にできる!

この記事は3分で読めます


こんにちは、なーとんです。

 

ここのところ体調を崩し、何日間かブログを更新できませんでした。
夏バテには気を付けないといけませんなぁ。

と、
ではでは、本題に入りたいと思います。

 

電車の中は人間観察の場として最高

 

先日、僕と友人と二人でこんな遊びをしてみました。

それは、
『電車の座っている席の反対側の人たちを観察し、
職業、趣味、どんな人間なのか推測していく』

というゲームです。
このゲームは僕と友人と交代で観察し、推測していきました。
(もちろん、向かい側の席に座っている人に失礼に当たらないように、
さりげなく観察し、友人とは小声で答えを言い合いました。)

電車内だと、そこそこ観察する時間もありますので、
向かいの人に気づかれないようさりげなく観察していきます。

 

一人目

 

年齢はおおよそ20代後半から30代前半の男性でした。

男性は少し息を切らし、
キャノンのカメラをかかえ、
靴には草と泥が大量に付いていたのです。

と、もうお分かりかと思いますが、
男性の趣味は十中八九カメラであることが予想できます。

しかも大切なカメラをかかえながら息を切らしているので、
カメラ撮影に夢中になり、電車の時間を気にするのを忘れてしまったのでしょう。

少しおっちょこちょいな部分もあるようです。

どんな職業なのかは正直わかりかねました・・・笑
趣味の要素が服装に前面に出ていたので。

しかし、おそらくですが、
外仕事ではないでしょう。

なぜなら、一切日焼けをしていないからです。

趣味のカメラを取る際にも日焼けをしないように、
長袖を着ていたのです。

僕もアトピーがあるのでわかるのですが、
肌が弱い人は日光を浴びると、
湿疹が出てきたりしてとても大変な思いをします。

夏場でも僕は長袖を着たりするので、
観察した男性も同じく肌が弱い人と推測できます。

 

二人目

 

年齢は20代後半の女性です。

ショートヘアーに巻き髪、暗い茶髪でメイクをしていました。

 

仕事の帰りのOLというのは間違いが無いでしょう。

なぜなら、女性の手首にヘアーゴムがついていたので、
仕事が終わり、ようやく家に帰れると思い、
髪を束ねているゴムを取ったのだと思います。

そして、
女性は世間が休みの中、
お盆期間中にも働かないといけないサービス業であることが推測できます。

メイクも夏の暑さで取れかけていたので、
冷房があまり効かない職場かもしれません。

眠たそうにして目がうつろになっていましたので、
お盆期間中も休むことなく働いているOLでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

人を観察しても、もちろん答えが100%ではないのですが、
想像を巡らせることにより、
おおよその答えは出てきます。

これは誰にでも可能です。

例えば、
スーツを着ている男性だと
会社員というのが一目瞭然にわかるように。

電車の中では様々な人を観察できます。

観察していくと、

・疲れがたまって寝てしまっている女性
・周りなどまったく気にせず音楽を聴く若者
・おしゃべりに夢中になっている若いカップル

などなど、いろんな人が居ます。

あなたも是非、人間観察をしてみてください。

電車のような全くの赤の他人を観察してもいいし、
会社内の人を観察してもいいと思います。

その人を観察したら、
できれば答え合わせもしてみましょう。

僕は実際に一人目で紹介した男性に話しかけてみました。

カメラの話を先にして、
日焼けしていないことと僕と同じ肌の弱いことを聞いて、
最後に種明かしとして、

「電車の中で人を観察していたんです。
僕の観察はあっていたでしょうか?」

と聞きました。

すると、男性は
「びっくりするくらいあってます。
ちょっと怖いですね笑」

と笑いながら話してくれました。

人間観察はこれだからやめられません笑

補足として、話かけるときは見た目が怖くない人に話しかけてます。
(や○ざの人とかは怖すぎますからね・・・)

ちなみに二人目の女性はかなり疲れていたので、
話かけることはしませんでした。

人間観察をすると、どんな人がこの世の中に居て、
どんなことを思いながら生きているのか、
などのその人の人生観も徐々に見えてきます。

簡単にできるので、電車に乗ったら是非ともやってみてください!

では、今日はこんなところで失礼しますね。

それでは!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

なーとんの自己紹介

初めまして、なーとんと申します。
社畜として働いていた前職では、 旅行関係の仕事をし、
日々お客さんや上司に怒られながら、知らず知らずの間に20歳で店長となりました。
しかし、 仕事でも人間関係でも、
全く充実しない毎日に嫌気が差していたとき、
自分を劇的に変えるきっかけとなる、
心理学と出会いました。
いまでは社畜を卒業し、風の流れに沿って毎日を楽しく生きています。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!

2003年1月
    6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

関連カテゴリー記事